よくあるご質問 審美歯科で行われている治療法の種類について内容を教えてください。施術に時間がかかるの?

  • ホーム
  • よくあるご質問 審美歯科で行われている治療法の種類について内容を教えてください。施術に時間がかかるの?

Q&A

審美歯科で行われている治療法の種類や内容、また施術にかかる時間を教えてください。

歯の黒ずみや隙間が気になっています。もう少し歯の見た目をよくしたいと思っているのですが、治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?また、施術にはどれくらいの時間がかかるのかを教えてください。

審美歯科で行われている治療法の種類や内容、また施術にかかる時間を教えてください。

白鳥スワン歯科・矯正歯科からの回答

歯に黒ずみや隙間などがあると、会話をしているときなどのふとしたタイミングで気になってしまうことがあるでしょう。そうした悩みを解決するのが審美歯科治療です。審美歯科治療には矯正歯科や補綴(ほてつ)歯科などさまざまな治療がありますが、今回はその中から補綴歯科の内容や種類についてご紹介していきます。

審美治療メニューの種類は?

補綴歯科の審美治療には、さまざまな種類があります。

セラミッククラウン(オールセラミック)

セラミッククラウンとは、欠けている歯の色や形を整えたい部分に、セラミックでつくられた被せ物を取り付ける治療法です。オールセラミックではその名の通りセラミックしか使用しないので、見た目は自然な歯に近く金属アレルギーの心配もありません。

セラミックインレー(オールセラミック)

むし歯などの治療のため歯の表面を少し削ったところに、セラミックでつくられた詰め物を装着する治療法です。通常使用される銀歯だと、審美性や金属アレルギーが気になるという方は、オールセラミックのセラミックインレーをおすすめします。

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドとして広く知られるジルコニアを使用した被せ物を装着する治療法です。ジルコニアを使用した被せ物は、金属と同じくらいの強度としなやかさを持ちながら、パッと見ただけでは本物の歯と見分けがつきません。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは歯の表面をほんの少しだけ削り、そこへセラミック製の薄いチップを取り付ける治療法です。歯への負担が少ないため、安心して治療を受けることができます。耐久性が高く仕上がりも美しいことから、芸能人をはじめ多くの方に選ばれています。

メタルボンド

金属の型にセラミックを焼きつけた被せ物です。金属を使用するため金属アレルギーの心配があるほか、審美性の面ではオールセラミックにやや劣りますが、耐久性の面では勝り割れにくいため、噛む力が強い奥歯などに使用されます。

オールセラミックの治療期間

審美治療の治療期間について、オールセラミックを例としてご紹介していきます。オールセラミックの施術は大まかに以下のような手順で進められます。

  • 1. セラミックを被せる土台部分を作成。歯型も採取します。
  • 2. 歯型をもとに人工歯を作成。完成するまでに1週間から10日ほどかかります。
  • 3. 完成した人工歯を被せて、噛み合わせに不具合がないかを確認します。
  • 4. 後日、噛み合わせや使用感を確認していきます。

基本的には1カ月から1カ月半程度で治療は完了します。しかし、神経を抜いたり治療本数が多かったりする場合は通常より治療期間が長くかかることもあるため、注意が必要です。

白鳥スワン歯科・矯正歯科 院長より

歯は体の中でも比較的人の目につきやすい場所です。そのため歯の見た目が悪いと、常に他人の目が気になるという悩みを抱えてしまう方が多いのではないでしょうか。もしも人の目が気になるあまり、日常生活に支障が出てしまっている場合は、審美歯科の治療を検討してみましょう。

ただ、一言で審美歯科といってもその種類はさまざまです。種類によってその内容や治療期間は変わり、一人ひとりで最適な治療法も異なってくるため、まずは審美歯科治療を行っているお近くの歯科医院で相談することをおすすめします。

一覧へ戻る