よくあるご質問 小児矯正が失敗してしまう原因

  • ホーム
  • よくあるご質問 小児矯正が失敗してしまう原因

Q&A

小児矯正が失敗してしまう可能性があるとしたら、どのようなことが原因になりますか?

白鳥スワン歯科・矯正歯科からの回答

お子さんの矯正治療が失敗してしまう原因として多いのは、矯正装置を付ける時間を守らないことです。歯科医院の指示に従って矯正装置を装着していないと、当然、歯並びを整える計画も崩れてしまいます。また、歯科医院に通うのをさぼってしまうのもNGです。定期的に経過を観察してもらわないと、やはり計画どおりに治療を進めるのが難しくなってしまうことがあります。

その他、口呼吸や指しゃぶりといった癖によって不正歯列になっている場合は、原因になっている癖そのものを改善しないと、矯正治療を受けたとしても理想的な歯並びにはできません。

一覧へ戻る