インビザライン矯正について

  • ホーム
  • インビザライン矯正について

インビザライン矯正について

2009年~2017年実績 累計2,000症例突破

東京の新宿・東京駅、名古屋の名古屋駅・栄・港・ミッドランドスクエア・東郷町にて医院を運営するスワン会(スワン歯科)は、矯正治療を得意とする医療法人です。7つの医院では、「患者様第一の歯科医療」を掲げてさまざまな矯正治療を行っています。こちらでは近年人気の目立たない矯正装置「インビザライン」の特徴についてご説明します。

インビザラインとは

「歯並びを治したい……でも目立つ矯正装置は避けたい」
そんなあなたの悩みを解決!

「誰にも気づかれずに治療したい」そんなあなたの悩みを解決します

「装置が目立つ」というのは、矯正治療を受けるうえで多くの人が抱く悩みです。会社の同僚や学校の友人に矯正装置をつけている姿を見られたくないと思う人は少なくないでしょう。ただ、最近では矯正器具が目立たないよう配慮された裏型矯正(舌側矯正・リンガル矯正とも)という治療があるほか、薄く透明なマウスピースを使用した「インビザライン」という治療法が人気を集めています。

インビザラインは従来の矯正治療とは異なる視点で開発された画期的な治療法です。治療には取り外しが可能なマウスピースを使用し、矯正の進行度によって新しいものへ交換することで少しずつ歯を動かしていきます。

マウスピースはその人の歯並びの状態に合わせ緻密に設計・作成がされるため、痛みの出る心配はなく、透明で取り外し可能なため目立つこともありません。こうしたメリットを受け、現在世界では140万人を超す患者様がインビザライン治療を受けていますが、日本においても希望をされる患者様が増えてきています。

インビザラインとワイヤー矯正それぞれの特徴
インビザライン ワイヤー矯正
治療期間 数ヶ月~2年程度(症例による) 数ヶ月~2年程度(症例による)
適応可能年齢 適応には個人差があるものの、基本的に幅広い年代で対応可能 成長期の子供に効果が出やすい以外は特に決まりはない
装着感 違和感はなく取り外しも可能 歯の表面にワイヤーを装着する必要があるため、違和感はどうしても発生する
見た目 使用するマウスピースが透明で場合によっては取り外せるため、ほとんど目立たない 場合によっては目立たない工夫も可能だが、マウスピースに比べるとどうしても人目につく
治療中の痛み 基本的には一般的な矯正治療に比べ痛みは少ない(個人差あり) 痛みを感じる場合があり、口内炎が発生しやすくなる(個人差あり)
普段の生活 着脱可能なマウスピースを使用するため、ブラッシングや食事のときは取り外しが可能 1度矯正治療に入ると取り外しができなくなるため、ブラッシングや食事がしにくい

当院スタッフが治療体験日記をブログで公開しています

インビザラインのメリット

透明で他人から気づかれない インビザラインに使用するマウスピースは薄く透明のため、注意して見られない限り矯正に気づかれることはほとんどありません
ポリウレタン製で金属を使用しない 治療に使用するマウスピースはポリウレタン製で金属は使用されません。そのため、金属アレルギーの心配をする必要がありません。
食事時にストレスが溜まらない これまでの矯正治療では、装置の破損を防ぐために食事に制限が生じてしまっていました。しかし、インビザラインであれば装置の取り外しが可能なため、食事時にストレスが溜まりません。
お口に優しい ワイヤー矯正の場合、口内炎が多数発生する可能性があり、痛みが生じることがあります。インビザラインであれば、口腔内を傷つける心配はありません。
しっかりとした歯のケアが可能 インビザラインはマウスピースを取り外せるため、念入りなブラッシングが可能です。フロスを使用することもできるため、歯のケアを入念に行えます。
治療期間が比較的短い 個人差はありますが、インビザラインは裏側矯正などの矯正方法に比べると、治療期間が比較的短く済みます。
治療のイメージがしやすく安心 インビザライン治療は事前にどのように歯が動くかシミュレーションで確認ができます。治療完了までのイメージがしやすくなり、安心して治療に臨めます。

インビザライン治療に欠かせない、歯型を採取する光学印象機器

インビザライン治療をするうえで大切なのは、患者様の歯型を採取すること。より正確に採取すれば、それだけ完成度の高いマウスピースを作製できます。そこで活躍するのが、アメリカの最新光学印象機器です。この機器を使用すれば、歯の型採りを光学スキャンにて行うことが可能になります。歯型のデータはインターネットによってただちにアメリカのアライン社へ送られるため、治療開始までの長時間待たされることはありません。

  • 光学印象機器
  • 光学印象機器
高精度な歯型を短時間で採取可能 光学印象機器を使用したデジタルスキャンであれば、型を採った後で変形する恐れがなく、印象材を使用するよりもはるかにフィット性に優れた精度の高いマウスピースが作製可能です。
患者様がリアルタイムで歯型確認をできる 光学印象機器で採取した歯型データはすぐにアメリカへ送付されるため、クリンチェックが仕上がるまでの期間は大幅に短縮できます(2~3日程度)。また、その場で歯型が不鮮明な箇所に気付けるので、再度の型採りもありません。患者様がスキャンの経過をリアルタイムで確認できる点も大きなポイントです。
歯型採取の際、患者様がリラックスできる 光学印象機器を使用した歯型採取であれば、必要なときに休憩がとれるため、患者様がリラックスした状態で採取が行えます。印象材とトレーを使った型採りでは嘔吐反射が起きてしまう患者様でも安心です。
清潔な機器 スキャナーの先端部分は取り外し式になっています。また、ディスポーサブルのため、常に清潔な状態を保つことが可能です。

インビザラインはほかのマウスピースとどう違う?

治療前にしっかりとしたシミュレーションが可能

治療前にはこの先どのような治療が待っているのかはっきりしていないと不安を感じるものです。インビザラインであれば、シミュレーションによって治療経過の状態をしっかり把握できるため、不安や負担を大きく減らすことができます。また、治療後のイメージも明確になるため、患者様の矯正治療に対するモチベーションを維持しやすくなるのも、大きなメリットになります。

CAD/CAMを用いたマウスピース設計・作製で患者様の負担軽減

インビザライン治療で使用するマウスピースにかける時間は最初の1回のみです。これにより、患者様の負担をグッと軽減することができます。また、CAD/CAMを用いれば0.2~0.3mmの範囲で歯を少しずつ動かすという人の手では不可能な方法が可能になるため、痛みが生じにくいという特徴も注目です。

圧倒的な実績から作られたガイドライン

インビザラインはその効果から既に世界45カ国で、173万人を超える患者様が治療を受けているといわれています。こうした圧倒的な実績をもとに、認定制度やしっかりとしたガイドラインが作成されているため、治療法としてかなり安心できるものといえるでしょう。

新たな矯正治療「インビザライン」は、すでに世界各国で173万人以上が体験!

  • インビザライン01
  • インビザライン02
  • インビザライン03

世界の中で歯科の技術がもっとも進んでいるとされる国アメリカで、インビザラインは開発されました。現在、世界各国で173万人以上の患者様がインビザライン治療を行っているとされていますが、治療を受けた患者様のほとんどが満足のいく結果だったと感じているようです。実際、「インビザライン治療はどうだったか?」というアメリカのアンケート調査に対して「満足している」と回答した方は96%以上にも上り、「知人にもすすめたい」と回答した方は94%にもなりました。

インビザライン円グラフ

矯正の進め方

1.検査・診断 2.歯型とり 3.アライン社にて装置を作製 4.治療開始 5.治療終了・保定
口腔内の状況を調べ、歯周病はないかなどの検査を行います。検査結果が出たら、それをもとに治療方針をご説明します。 歯型を採取するために光学印象機器を使用します。 アライン社によって装置が作製されます。装置作製には3Dコンピュータを用いているため、完成度は非常に高いです。 矯正では歯を徐々に動かしていく必要があります。そのため、装置は2週間ごとに新しいものに交換します。 全ての治療が終わったら、そのほかの矯正治療と同じように保定が必要です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

クリンチェック

ご自身の歯が治療によってどのように矯正されていくのか、シミュレーションによってご確認いただくことができます。

インビザラインティーン

インビザラインティーン

永久歯が完全に生えそろっていないと、インビザライン治療が適応できないケースがあります。そんなときに活用したいのが2012年に登場した「インビザラインティーン」です。インビザラインティーンであれば、11歳~16歳くらいの永久歯が完全に生えそろっていないお子様であっても適応することができます。人目を気にしやすい多感なティーン世代に矯正治療を受けるのであれば、インビザラインティーンがおすすめです。思春期の素敵な思い出と笑顔を、インビザラインティーンによって作っていきましょう。

インビザラインの注意点

インビザラインの非適応症例

世界中で支持を集めるインビザライン矯正ですが、中には適応が難しい症例も確認されています。

歯並びが凸凹で、マウスピース装着が難しい場合

歯並びが著しく乱れており、歯根を動かさなければマウスピース装着が難しい場合には、インビザラインを適用することができません。ただし、ブラケットでの矯正治療と並行して行うのであれば、適応可能です。ブラケット単体で矯正治療を行うよりも、インビザラインと並行した方が基本的に治療期間は短くなります。

顎の位置が上と下でズレてしまっている場合

顎の骨格が前後・左右にズレている患者様の場合、インビザライン治療を受けることはできません。

まだ第二大臼歯が生えていないお子様の場合

第二大臼歯が生えていない状態だと、インビザライン治療を受けても理想的な効果は得にくいです。人によって個人差はありますが、たいていの子供は中学生を過ぎたころから第二大臼歯が生え始めるため、第二大臼歯を確認次第インビザライン治療を受けるようにしましょう。

矯正成功のためには、患者様の協力が必要不可欠です

インビザライン治療によって満足のいく矯正にするためには、他の矯正治療と同様に患者様の協力が必須となります。しっかりと歯科医師の指示を守り、矯正を続ける努力をしていかなければ、満足のいく結果は得られないでしょう。治療中に歯科医師から何らかの指示があった場合には、必ず守るようにしてください。

1日の装着時間

インビザライン治療では、1日20時間はマウスピースを装着する必要があります。どのタイミングで脱着するかは患者様の意志次第ですが、装着しない時間が長くなればなるほど、治療は長引いてしまうでしょう。

マウスピースを取り外すタイミング

食事やブラッシングを行う際には、必ずマウスピースを取り外してください。装着した状態で食事やブラッシングをしてしまうとマウスピースを傷つけてしまう恐れがあり、結果として矯正がうまくいかない原因となってしまうケースがあります。

歯科医院への定期的な通院

インビザライン治療を行っている間は、定期的に歯科医院へ通院するようにしましょう。インビザラインは歯を予定通りの場所へ誘導するため、2週間ごとに装置を交換する必要があります。これを怠ると矯正がうまくいかなくなってしまうので、歯科医師と相談のうえ、決められた間隔で通院するようにしてください。