よくあるご質問 歯周病を放置したせいで歯を失うことになりそうです

  • ホーム
  • よくあるご質問 歯周病を放置したせいで歯を失うことになりそうです

Q&A

歯周病を放置したせいで歯を失いそうです

以前から歯周病という診断を受けており、治療をすすめられていましたが、忙しくて放置していました。このままでは抜歯の可能性もあるといわれたのですが、失った歯に対する治療にはどのようなものがあるのでしょうか?

白鳥スワン歯科・矯正歯科からの回答

歯周病は早期発見が重要ですが、治療が遅れると最悪の場合は抜歯しなければならないケースがあります。しかし、「インプラント」治療によって失った歯の機能のほとんどを取り戻すことが可能です。

失った歯の機能を取り戻すことができる

インプラント治療とは、何らかの原因で歯を失ってしまった部分に、 人工歯根(フィクスチャー)を埋め込む治療法です。人工歯根の上に人工歯(被せ物)を装着することで、審美面や機能面において天然歯と見分けがつかないほど精巧な人工の歯が手に入ります。

基本的にインプラント治療は自由診療となるため治療費は安価ではありませんが、近年ではデンタルローンなどの利用で一度に支払う負担額を軽減できます。

十分に確立された治療“インプラント”

インプラントは治療後の違和感が少ないことで知られており、歯を失う前と同じように好きな食べ物を好きなだけ食べられるというメリットがあります。また、周囲の健康的な歯を削ったり、負担をかけたりする必要がないため、残った天然歯への負担が少ない点はやはり最大のメリットです。インプラント以外の治療法として「入れ歯」や「ブリッジ」などがありますが、これらに比べてインプラントのセラミック(陶器)製の人工歯は患者様の歯の色味に合わせて調整できるため、周囲から人工歯と気づかれにくく、見た目からインプラントと気づかれることはほとんどありません。歯科医院でのメンテナンスとブラッシングによる適切なセルフケアを怠らなければ、長期にわたって使用し続けることが可能です。

インプラント治療では顎の骨に人工歯根を埋め込むために外科手術を行います。スワン歯科では20年以上にわたりインプラント治療を行ってきた多くの実績があり、インプラントの手術に対しご不安や恐怖心をお持ちの方にも、安心して治療を受けていただけるよう万全の体制を整えています。

歯科用CTの導入で顎の骨や内部の神経の様子を立体的に把握でき、3Dシミュレーションによって綿密な治療計画を立てます。最新鋭の設備機器やシステムを導入し、常に治療の精度を高めてきたため、スワン歯科の各医院におけるインプラント治療は十分に確立された技術となっているのです。

痛みを感じることなく外科治療を受けられる

「インプラント治療では相当な痛みを伴うのでは?」と考える患者様は少なからずいらっしゃいますが、当院では痛みの少ないインプラント治療を行っています。そのため「局所麻酔」はもちろん、麻酔専門医による「静脈内鎮静法(セデーション)」という麻酔法を用いることもできます。静脈内鎮静法とは、腕の静脈への鎮静剤投与により、うたた寝しているようなリラックスした状態で治療を受けられるというものです。治療中は麻酔専門医による全身管理が行われ、安全を最優先に行うため危険が伴うことはありません。

このほかに、患者様への負担が少ないインプラント治療として、「フラップレス手術」というものがあります。骨の幅や厚さが十分である患者様のみが行えるという条件付きですが、歯茎に小さいパンチホールを開けるだけでインプラントを埋入できる場合があります。フラップレス手術を行えば歯肉の切開・剥離はしないため、術後の腫れや痛みの大幅な軽減が可能です。

白鳥スワン歯科・矯正歯科 院長より

インプラント治療と聞くと「痛い」というイメージがあるかもしれませんが、当院では精密機器を利用した先端の治療法を行っているため、痛みを伴わない治療が実現可能です。そのためには、患者様のお口の状態を完全に把握し、緻密なカウセリングを行います。「抜けた歯を何とかしたい」、「抜歯を避けられない状態と診断を受けた」という方も、お早めに当院までご相談ください。

歯周病など何らかの理由によって歯が抜けてしまった場合、さまざまな治療法がありますが、それぞれの治療方法のメリット・デメリットを踏まえ、その方にとって一番よい方法で治療したいと考えています。無理に治療を押し進めることはありませんので、まずは困っている症状・状態についてご相談くださいね。

一覧へ戻る