よくあるご質問 歯並びの矯正って効果はありますか?

  • ホーム
  • よくあるご質問 歯並びの矯正って効果はありますか?

Q&A

歯並びの矯正って効果はありますか?

小さいころから歯並びの悪さが悩みでした。大人になって経済的に余裕が出てきたので、できることなら歯並びを矯正したいと考えています。成人してからでも矯正治療で歯並びはよくなるのでしょうか?

歯並びの矯正って効果はありますか?

白鳥スワン歯科・矯正歯科からの回答

成人であっても、歯並びの矯正を行えばきれいな歯並びにすることは十分に可能です。むしろ、歯並びの悪いまま放置しておくと、お口の中にさまざまな問題がおこる可能性があるため、できれば早めに治療を行ったほうがいいでしょう。

矯正治療でお口に発生するトラブルを防ぐことができる

歯並びの悪さで代表的なのはいわゆる出っ歯や八重歯などです。歯並びが気になって口元を手で覆ったりマスクをつけたりと、常に口元を隠そうとする人もいます。また、歯並びの悪さを放置していると、食べ物を細かく噛み砕けなかったりうまく発音できなかったりと、口腔内に多くのトラブルが起こりえるのです。矯正治療によって歯並びを整えられればこうした問題に悩まされることは少なくなるでしょう。それだけでなく、歯並びがよくなればブラッシングで歯垢を取り除きやすくなり、むし歯や歯周病、口臭の予防など、将来のお口の健康維持にも効果的です。

治療法は大きく2つに分かれる

矯正治療は複数ありますが、矯正器具を「取り外しできないもの(固定式矯正装置)」と「取り外しできるもの(着脱式矯正装置)」の大きく2つに分けられます。

固定式矯正装置を使用した矯正治療

固定式矯正装置は、一つひとつの歯にブラケットと呼ばれるボタンをつけてワイヤーを通す、多くの人が矯正と聞いて思い浮かべる矯正治療法です。中でも有名なのは、比較的安価に受けられる金属製の「メタルブラケット」を使用したものです。しかし、メタルブラケットは白い歯列の中で金属色が目立ってしまうデメリットがあります。こうした審美面の問題を解決できるのが、透明なプラスチックボタンと白いワイヤーを使った「クリアブラケット矯正」や、歯の裏側に装置をつける「舌側矯正(裏側矯正)」です。ただし、クリアブラケットはメタルブラケットに比べ費用がかかり、舌側矯正に用いるリンガルブラケットは舌が装置に当たりやすく、装着後しばらくは違和感が残るという注意点を理解しておくとよいでしょう。

着脱式矯正装置を使用した矯正治療

基本的常に装置を着用しますが、ブラッシングや食事の間は取り外しができるというメリットを持った矯正治療です。透明なマウスピースを用いた治療法があります。マウスピースなので着脱が容易で、器具が目立たないというメリットがあります。また、ブラケットに比べ違和感が少なく、口腔内を傷つけにくいという点も非常に魅力的です。

多くの方に選ばれている“インビザライン”を使用した治療

多くの種類があるマウスピース型矯正治療の中で、とくにおすすめしたいのが「インビザライン」を使用した治療法です。アメリカのアライン・テクノロジー社によって開発されたインビザラインは、3Dでスキャンした歯並びのデータをもとに、治療計画を立てます。治療が開始してから完了するまでの歯の動きをシミュレーションし、治療計画に合わせてすべてのマウスピースを最初に作製。患者様ご自身で、2週間を目安に段階ごとにマウスピースを取り換えていきます。そのため、何度も歯型を採取する必要がなく、通院回数も少なく抑えられるメリットがあるのです。

ただし、症例によっては一部適応していないケースもあるため、事前に歯科医院で相談し、最適な矯正方法を選ぶ必要があります。

白鳥スワン歯科・矯正歯科 院長より

基本的には大人でも多くの方が矯正治療によって歯並びを整えることができます。歯並びが悪いまま放置をするのは、審美性だけでなく健康面の問題にもつながるため、気になる方は矯正治療を受けてみてはいかがでしょうか? 矯正治療にはさまざまな方法がありますが、人によってお口の状態も最適な治療法も異なります。ご要望やライフスタイル、口腔内の状況から総合的に診断し、その方に合った装置をご提案させていただきます。インビザラインを使用するため、食事の際に着脱できるなど、不自由なく日常生活をおくることができます。マウスピース治療ができるかは人によりますので、まずは当院までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る