よくあるご質問 インプラントの構造について

  • ホーム
  • よくあるご質問 インプラントの構造について

Q&A

インプラントの構造はどうなっているのですか?

白鳥スワン歯科・矯正歯科からの回答

インプラントは、「人工歯根(フィクスチャー)」「連結部分(アバットメント)」「人工歯」の3つの構造に分かれています。

人工歯根は、外科手術で顎の骨に埋め込むインプラントの本体です。人工歯根の素材には生体親和性の高いチタンを使用し、周囲の骨と結合しやすい特徴を持ちます。また、天然歯と遜色ない強度と噛み心地を実現できるのもインプラントの強みです。

アバットメントは人工歯根の上から装着する連結部分のことで、装着する人工歯の土台となるパーツです。人工歯にはセラミックなどの素材が用いられ、自然な噛み心地と天然歯に近い審美性の高さが魅力です。

一覧へ戻る