よくあるご質問 矯正治療と虫歯について

  • ホーム
  • よくあるご質問 矯正治療と虫歯について

Q&A

矯正治療中の途中で虫歯になることはありますか?

白鳥スワン歯科・矯正歯科からの回答

矯正治療中は虫歯になる可能性があります。なぜなら、矯正装置の装着によりブラッシングしにくい部分ができてしまうからです。ブラッシングがうまくできなければ歯周ポケットに歯垢(プラーク)が溜まっていき、虫歯のリスクが高まります。

一方で、インビザラインという透明で着脱可能なマウスピースを用いる矯正方法であれば、自由に着脱できるためブラッシングも容易です。マウスピースはいつでも取り外しができますが、意識して長い時間装着するようにしましょう。

矯正中は、普段以上に丁寧なブラッシングを心がけましょう。歯科医院で定期健診を受け、口腔内環境を意識してみてください。ホームケアについての疑問などがありましたら、当院までご相談ください。歯科衛生士がブラッシング指導や歯のクリーニングをご指導いたします。

一覧へ戻る