よくあるご質問 冷たいものでしみる場合と熱いものでしみる場合の違いは?

  • ホーム
  • よくあるご質問 冷たいものでしみる場合と熱いものでしみる場合の違いは?

Q&A

冷たいものが歯にしみる場合と熱いものが歯にしみる場合では、どちらが虫歯がひどいですか?

白鳥スワン歯科・矯正歯科からの回答

一般的には、熱いものがしみる場合のほうが虫歯が進行していると考えられます。これは、虫歯が神経(歯髄)まで進行しているかどうかの違いです。冷たいものがしみる場合は、まだ神経まで虫歯が進行していないと考えられますが、熱いものがしみるようになると、虫歯が神経まで進行していて神経が炎症を起こしている可能性が高いと言えます。

冷たいものがしみるようになったら、そのまま様子を見るのではなくすぐに歯科医院に行くことが重要です。その段階で処置ができれば、簡単な治療で済む可能性が高くなります。

白鳥スワン歯科・矯正歯科では、虫歯治療のご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る