院内の衛生管理

安全な歯科治療をご提供するために

安全な歯科治療をご提供するために

愛知県・日進駅から徒歩13分の場所にある「白鳥スワン歯科・矯正歯科」では、医療法人スワン会の歯科医院です。当院では、医療法人スワン会で共通の「感染対策システム」を採用しています。このページでは、院内感染予防の取り組みをご紹介します。

効率的に滅菌・消毒ができるレイアウト

スワン会の各医院はもちろん、当院のレイアウトに合わせて、治療器具をはじめ院内を効率的に滅菌・消毒ができるよう機材の配置を考慮。不潔区域との混在を避け、スムーズな「洗浄→消毒→滅菌→保管」が可能となっています。

滅菌・消毒は最新システムを駆使

滅菌・消毒は最新システムを駆使

滅菌担当スタッフが常駐しており、治療で使用する器具を直前まで無菌状態を保つよう滅菌作業を行います。治療で使われる大半の治療器具は、さまざまな機械を駆使して減菌・消毒されます。いまだに使い回しが多いといわれている歯面清掃器を含めたハンドピース類も、当院では患者様ごとに滅菌・消毒を行った上で付け替えていますので、ご安心ください。

器具洗浄機「+α Washer Disinfector」の導入

器具洗浄機「+α Washer Disinfector」の導入

日本の歯科医院における治療器具洗浄機の普及率は1%以下とされています。院内感染予防の徹底を心がけている当院では、93℃の高温の温水で血液などの汚れを除去する強アルカリの専用液体洗剤で、使用後の器具を強力洗浄する「+α Washer Disinfector」を導入。洗浄後、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で滅菌処理を施し、器具の消毒・洗浄を徹底しています。

滅菌機器「Lisa (リサ))

滅菌機器「Lisa (リサ))

大型滅菌器の規格に準じたクラスBオートクレーブは従来モデルより性能が高く、ヨーロッパ基準で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」とされています。

コンボネーションオートクレーブ DAC (ダック)で徹底化

コンボネーションオートクレーブ DAC (ダック)で徹底化

ハンドピースの外部から内部まで、洗浄・注油・滅菌のメインテナンスをこの一台で行えるコンビネーションオートクレーブ。洗浄によるネイルミストや汚物による院内への飛散を防ぎ、院内感染予防を徹底しています。

減菌処理の流れ
(1)超音波洗浄

(1)超音波洗浄

超音波を使って器具類に付着した血液・タンパク質・汚物などを剥離させ、強力に洗浄します。

(2)減菌パックに封入

(2)減菌パックに封入

雑菌を極限までカットする構造となっています。

(3)オートクレーブ減菌

(3)オートクレーブ減菌

消毒で死滅しきれない病原菌・ウイルスなどは高圧蒸気減菌により排除します。

清潔なディスポーザブル化

院内感染を防止するため、患者様が使用するコップや紙エプロンはディスポーザブル化(使い捨て)とし、治療で使用する注射針や手袋などに関してもディスポーザブルを一貫しています。

診療予約はWebからも受け付けています